2009.7.21. 更新

三 秋 泰 一
Hiroichi MIAKI, PT, Ph.D.

出身地:愛媛県 松山市

【担当科目】

学類

基礎運動学(理学・作業 2年)(分担)

物理療法学(理学 3年)

物理療法学実習(理学 3年)                                                                                                    

スポーツ障害理学療法学演習(理学 3年) 講義内容はこんな感じです。 講 義

テーピング実習

神経・筋理学療法学演習(理学 3年)(分担)

理学療法学セミナー(理学 3年)(分担)

理学療法管理論(理学 4年)

臨床実習T(理学 2年)(分担)

臨床実習U(理学 2年)(分担)

臨床実習V(理学 3年)(分担)

大学院

障害評価学特論(修士)(分担)

理学療法学研究方法論(修士)(分担)

【主たる研究テーマ】

内側広筋の選択的収縮方法およびその効果について

筋力の客観的評価方法について

【主たる研究方法】
三次元動作解析装置,表面筋電計,筋力測定装置,超音波診断装置を使用して人間の動作を研究しています。

ReaDのページへ
理学療法学専攻のページに戻る