教員紹介

細 正博 教授

関節構成体の変化と理学療法学的治療法の効果や関節拘縮における軟部組織の変化のなどの研究を行なっています。

研究室 WEB

淺井 仁 教授

身体の傾き具合や立位位置の知覚に関する研究や骨盤の可動性と身体機能との関連に関する研究を行っています。

研究室 WEB

山崎 俊明 教授

骨格筋萎縮に対する理学療法介入の効果検証および効率的な萎縮予防法を研究しています。

研究室 WEB

三秋 泰一 教授

スポーツ障害に関する研究や筋機能に関する客観的評価方法に関する研究を行っています。

研究室 WEB

山下 治和 准教授

研究室 WEB

横川 正美 准教授

高齢者の身体能力や認知機能に関する研究、内部障害の理学療法に関する研究を行っています。

研究室 WEB

久保田 雅史 准教授

脳や末梢神経への電気刺激に関する研究や、動作解析や脳機能評価から理学療法の有効性に関する研究を行っています。

研究室 WEB

松崎 太郎 助教

関節拘縮の病理学的手法による病態解明に関する研究や関節拘縮の予防や治療に関する研究を行っています。

研究室 WEB

田中 正二 助教

萎縮筋に対する理学療法や深部静脈血栓症予防に対する理学療法に関する研究を行っています。

研究室 WEB

稲岡 プレイアデス 千春 助教

タリウム-201を用いた骨格筋の血流に関する研究を行っています。

研究室 WEB

間所 祥子 助教

脊柱の運動に関する研究やウーマンズヘルスに関する研究を行っています。

研究室 WEB